ドイツ ケルン・ボン日本語キリスト教会での佐々木良子宣教師支える会のHPです

メールマガジン 


****************************************************

メールマガジン2019・5月号

****************************************************
チャリティーコンサートのご案内
2019年7月6日(土)14:00(13:30開演)より小松川教会にて、小松川教会と佐々木良子宣教師を支える会の共催でチャリティコンサートを開催します。演奏者は四本喜一氏(トランベッター)とマルティン・ラートマン氏(オルガニスト)です。お二人とも2002年以降ドイツにて定期的にコンサートを開催しています。現在、ポスター作成等準備作業中です。詳細決まりましたら、改めてご案内しますので、まずは日程を抑えて頂けると幸いです。準備作業のためにお祈りください。
------------------------------------------------------------

ケルンでは数週間前までは青空のもと太陽が輝き春爛漫でしたが、長続きせず冬物のコートを羽織る日々を送っています。
しかし、陽がすっかりと長くなり夜の9時過ぎまで明るくなっているので確実に春はやってきています。
私の健康のために引き続きお祈り頂きありがとうございます。元気に過ごさせて頂き、市が運営している体操教室に術後初めて行って来ました。
そして飲み続けているナトリウムとカリウムの薬は、今日から一日1回だけとなりました。感謝します!
さて、今回は二つの恵みをご報告させて頂きます。先ずは、新しい場所で家庭集会が始まりました。これまで既に長い間、2カ所で家庭集会を開いてくださっていますが、昨年定年退職された方が新たに申し出てくださり、4月27日(土)に第1回目を開くことができました。私を含めて6名の参加者が与えられました。
「神の存在」について学び、それぞれの思いを活発に語ってくださり、私自身も学ばせて頂くことが多くありました。
二つ目は4月28日の礼拝後、子どもの教会においでになっているご夫妻によるコンサートが開かれました。ヴィオラ奏者であるパパはケルン放送交響楽団に所属しており、5月6日・ご夫妻でイタリアにおいてリサイタルを開くため、ご好意によりそこで演奏される全ての曲目を2時間たっぷりと聴かせてくださいました。
多くの方々がおいでくださり感動の時を分ち合いました。プログラムの裏に教会の集会をご案内しましたので、それに導かれていらっしゃる方が起こされることを願っています。
 最後になりますが、私は7月にルーマニアで開催されるヨーロッパ・キリスト者の集いでの説教を依頼されていて、今月末までに説教原稿の提出が求められています。現在準備中ですが、主の導きが豊かにありますようにお祈りくださると幸いです。

2019/4/27新たな家庭集会で


2019/4/28ほのぼのコンサート


*******************************************************

メールマガジン2019・4月号

*******************************************************

主の御名を崇め賛美致します。
佐々木良子宣教師を支える会を応援いただき、ありがとうございます。 佐々木先生の任期が3年延長になったことに伴い、先生のドイツでのお働きを、もっと皆さまにお知らせできるよう、従来のニュースレターに加え、今月よりメールマガジンを発行することといたしました。これからも、お祈りよろしくお願い致します。

------------------------------------------------------
復活の主のお恵みの内にお過ごしかと思いますが、お元気でいらっしゃいますか。
初めてのメールマガジンの配信となりました。
これから毎月1回、定期的に配信してくださることになりましたので、お読み頂きドイツ・ケルンに更に心併せて頂けると励まされます。
今年も幸いなことに多くの教会がお招きくださり、2月25日から4月2日まで宣教報告のために日本に一時帰国していました。説教と共に主のお恵みをお証しさせて頂き、ご一緒に主を崇めることができて感謝でいっぱいでした。
様々なことを分かち合える信仰の友が、日本に大勢おられる事は、大きな支えとなっていることを改めて実感させていただきました。術後2ヵ月でしたが主のお守りと沢山の祈りが積まれ、体調を崩すことなく元気に過ごすことができて心から感謝申し上げます。
まだ定期健診が必要なので、ドイツに戻ってから1週間ほどは毎日のように病院通いでしたが、全ての検査の結果は良好で、特に頭のMRIの検査は1年後でよいとお墨付きを頂き嬉しく思っています。私の中では手術は既に遠い昔のような感じがしています・・・。
さて健康も支えられ、ケルンでは「イースター休暇」も終わり、廻りの人々は普段の日常生活に戻ってきているので、いよいよ本格的に伝道の業に勤しんで参りたいと考えているこの頃です
-------------------------------------------------------
皆様の周りに「私もメルマガを送ってほしい」という方がいらっしゃいましたら、お名前とメールアドレスを送っていただければ、来月号よりお送ります。 佐々木宣教師を支える会 メールマガジン担当(香)

↑ PAGE TOP